So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サイモン・フィリップスの軌跡 80年代 ジェフ・ベックそしてミック・ジャガー

msg.jpg


サイモン・フィリップスの仕事紹介、1980年代。


1980年にはいって、いきなりジェフ・ベックのThere and Backで叩くという大仕事。




同じ年、当時絶頂を極めていたベーシストのスタンリー・クラークのRocks, Pebbles, and Sandでも炸裂。




プログレ系では、ロキシー・ミュージックのFlesh & Bloodで脱退したポール・トンプソンに代わって熱演。




さらにジェネシスのベーシスト、マイク・ラザフォードの初ソロ・アルバムでも変拍子の変態曲を当たり前のように叩いている。




1980年はまさに八面六臂の大活躍の年で、最大級なのはマイケル・シェンカーだろう。




80年代はマイク・オールドフィールドの数々のアルバムにもフィーチャー。




80年代の最大の仕事、ミック・ジャガーのソロ・アルバム。Primitive Coolで叩いて、ツアーにも参加。




1989年にはジョー・サトリアーニのアルバムFlying in a Blue Dreamに全面参加。




90年代以降はTotoの正式メンバーとして参加する。


管理人K (久保田直己


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0