So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジェフ・ポーカロの仕事

JeffP.jpg

ジェフ・ポーカロ、1954年4月1日生。
1992年8月5日、38歳にて没。
生きていればこの4月1日で66才だった。

Totoはもちろんのこと、セッション・ドラマーとしてジャズからロックまであらゆるジャンルのミュージシャンのバックで叩きまわっていた。
彼の数多い仕事の中でも、特にロック系のものをピックアップしてみた。
参考文献はWikipediaの英語版日本語版


1975年、トミー・ボーリンのアルバム"Teaser"で、タイトル曲をはじめ数曲叩いている。



1977年、ホール&オーツの"Beauty on a Back Street"。



1979年、ピンク・フロイドのウォールの中で"Mother"。




1982年、マイケル・ジャクソンの"Beat It"。
ギターはリズムがスティーヴ・ルカサー、ソロがエディ・ヴァン・ヘイレンの超豪華版。


.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

1984年、河合奈保子 "Daydream Coast"
ベースはマイク・ポーカロ、キーボードがデヴィッド・フォスター。



少しは仕事選べばよかったのに。
あるいは自分のバンドに専念するとか..... 合掌。


管理人K (久保田直己



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0