So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホット・ツナ来日

1969年にジェファーソン・エアプレインを脱退し、ブルース・デュオ「ホット・ツナ」として独立したジャック・キャサディー(70才、ベース)とヨーマ・コーコネン(74才、ギターと歌)が来日した。


tuna1.JPG


4月25日の渋谷Quattroでのライブは、19時半から始まり、途中休憩を挟んで22時過ぎまで3時間近い演奏を繰り広げた。70才を超えて尚恐るべき体力である。

こちらの動画ではマンドリンが加わっているが、今回は完全に二人だけのアコースティック・ライブ。



聴きながらリズムに乗ろうとするのだが何かがおかしい。テンポが揺れるのである。ジャックのベースに集中してもだめ。ベースが走っているわけでも、もたっているわけでもない。ギターのルートを追いかけても同じだった。


tuna2.JPG


ライブが半分以上経過してからようやく気が付いた。流れを支配しているのはヨーマの歌だったのだ。
通常、バンドのリズムは、
ベースがドラムに合わせる、もしくはドラムがベースに合わせる ⇒ 他の楽器が乗る ⇒ 歌が乗る

という構図だと思うのだが、ホット・ツナの場合は、
変幻自在なヨーマの歌 ⇒ ヨーマの歌にヨーマが自分でギターを合わせる ⇒ ジャックがヨーマのギターを追う

という構造になっていると思われる。

もう45年もいっしょにやってるから阿吽の呼吸でできるんだろう。
恐るべき爺さん達。


管理人K (久保田直己



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0