So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イアン・ギラン 「ライブ・イン・ジャパン」について語る

iang.jpg


先般来日を果たしたディープ・パープルのイアン・ギランのインタビュー。
スイスの独語紙bz Basellandschaftliche Zeitungから。


1972年の「ライブ・イン・ジャパン」はあらゆる時代を通じて、最も影響力あるライブ・アルバムです。デラックス・ボックスで再発されましたが、どうでした?

正直言って、俺はそいつを聴いてない。ライブ・アルバムは好きじゃないんだよ。もちろん「ライブ・イン・ジャパン」の重要性は判ってる。あの時の来日は個人的にもぶっ飛んだ。ヨーロッパに対する考え方を根本から覆す初めての国だった。カルチャー・ショックだったし、良い意味で影響を受けたな。



今は何やってんですか?

あらゆることだ。俺たちはスタジオで新しい曲に取り組んでいる。夕方にはワインと静けさを味わってるよ。



これからの予定は?

さっき言ったように、バンドでツアーだ。俺らはファンが考えてるのとはちょっと違うんだよ。メンバーは趣味も政治的見解もばらばらだ。みんなサッカー・ファンで、ワールドカップも観るけど、厳密に言えばスティーヴ・モースはアメリカ人だし。誰もサッカーについては何もわかっちゃいないし、結局音楽だけなんだよ。



管理人K (久保田直己


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0