So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジミー・ペイジ IVリマスターのコンパニオン・ディスクについて語る

jimmy.jpg


Classic Rock誌によるジミー・ペイジのインタビューから。


ファンにとって、新しいリイシューの本当の価値は、未発表のコンパニオン・ディスクの中にあるのですが。サンセット・スタジオでの 'Stairway to Heave' とか。

コンパニオン・ディスクには、音楽と聴き手の間に濃密なコミュニケーションがあると思う。最初にリリースされたのは典型的なバージョンだ。当時俺が一番示したかったやり方だな。でも 'Stairway to Heave' は違うように聴こえる。そこが肝だ。


完全に失くしたものはあるんですか?

ああ、'The Rain Song' のホーム・デモがあったはずなんだが、残念ながらテープが見つからないんだ。まったくクソッタレが。


それ、完パケだったんですか?

最初から最後まで文字通りフル・バージョンだったし、メロトロンのアイデアがあって、全部入ってた。でも新しいコンパニオン・ディスクの 'The Rain Song' もクールだぜ。ピアノが少なくて、ギターが多いんだ。'The Song Remains The Same' でのバージョンも本当に好きだった。ほんとうまくやったと思うよ。こういう曲は、まあ、まずレコーディングして、アルバムとして出して、それからライブのセットに入れて、変化し始めるんだ。だからいいんだよな。'The Song Remains The Same' でのバージョンは、スタジオのとはちょっと違うだろ。


だからブート業界に受けるんですね。

その点ではそうだな(笑。実際毎晩違ってたんだよ。



管理人K (久保田直己



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0