So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジミー・ペイジ・インタビュー リマスターやロバートの件

jimmy.jpg

Rolling Stone誌から。
ロンドンでのプレス・カンファレンスの翌日に行われたインタビューから、リマスターと最近のロバートに関する部分を抜粋。


ツェッペリンのバンドの時間より長く、リイシューのプロモーションをやってるわけですが、ツェッペリンについて話すのに飽きませんか?

事実は俺が作ったってことだ。1968年の7月にヤードバーズとして最後の演奏をやった。その年の終わりまでにツェッペリンはアルバムを作って、アメリカで演奏したんだ。これには約束があった。俺はずっと曲を書いて、リフを磨いたりなんかしてた。ジョン・ポール・ジョーンズが 'Black Dog' のリフを書いて、「OK、いいじゃん。じゃあコール&レスポンスにしようぜ」とか、'No Quarter' はロバートがボディを作ってきて、それにコーラスを合わせるとかな。

プロデューサーであるってのは、他の連中よりもスタジオに長くいるわけで、俺は仕事ができあがるのに多くの視点を持っていた。俺はリイシューみたいなプロジェクトを仕上げるための知識がある男だしな。他に誰がいるんだよ。


ロバートの新譜は聴きました?

グラストンベリーでのライブでちょっと聴いた。


ツェッペリンの中にフォーク、カントリー、アフリカ風味を加えるロバートの方向性をどう思います?

あいつの勝手だろ。



管理人K (久保田直己



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0