So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジミー・ペイジ ダブルネックを語る

jimmy.jpg


Gibsonの記事から。

ツェッペリンのリマスターと自叙伝のプロモーションに余念のないジミー・ペイジが、デヴィッド・レターメンのテレビ番組 'Late Show'に出演した。
この中で、なぜダブルネックを使うに至ったかを語っている。

'Stairway To Heaven' をレコーディングする結果でダブルネックになった。'Stairway'では、アコギと、6弦のリードと、12弦でのオーバーダブとか、まあそんなのだった。とにかくたくさんギターがいるんだよ。だからライブでやらなきゃならないし、そのためにはダブルネックしかなかったんだ。そういうことだ。


その後、デヴィッドに弾くのがむずかしくないのかと訊かれたジミーは、まあそうだなと応えている。
やはりジミーは考えていなかった。


管理人K (久保田直己


関連記事:
なぜツェッペリンの 'IV' の次は 'V' ではないのか



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0