So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ピーター・ガブリエルからフィル・コリンズへの移行期

tony.jpg

Prog誌によるジェネシスのトニー・バンクスへのロング・インタビューから、ピーター脱退前後の変化に関する部分を抜粋。


ピーターが抜けた後、ライブは変わりました。シアトリカルからライト・ショウになったのではと。

ピーターがステージでやりたかったことは、ピーターがやりたかったことだ。それはいいし、楽しかった。でも俺たちはヴァリライトをやりたかったし、だからShowcoといっしょにやった。俺らがライトのために雇った奴らだよ。ヴァリライト以前には、ステージに20個の青いライトと20個の赤いライトを付けて、できるだけその間を動くっていうアイデアだった。でも全部の色を生み出すライトがほしかったし、無茶な話でもなかった。最初に使ったツアーはすごく印象的だったよ、「静寂の嵐」の 'In That Quiet Earth' で赤からグリーンにライト全部を変えられたからな。それまでどうやったらいいか分からなかったし、そんなものは見たこともなかった。たまげたよ。あとステージで巨大なスクリーンを使った最初のバンドも俺たちだった。観客の顔を映すっていうより、背景みたいなもんだったけどな。



管理人K (久保田直己



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0