So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジミー・ペイジ最新インタビュー

coda.jpg

Ultimate Classic Rock誌から。

ジミー・ペイジへのインタビューで興味深い部分を抜粋。

誰かが言ってたんですが、Presence 制作の頃にキース・リチャーズが来て、バンドにギターが二人いたほうがいいって言ったそうですね。

ああ、そうだ、その通り。ストーンズにはいつもセカンド・ギターがいたからな。俺が小僧でエレクトリック・ギターを弾き始めたばっかりのころから、俺はベースとドラムとギターだけのバンドにいた。 ヤードバーズに加入するまではな。それでヤードバーズでは、ベース、ドラム、ギターとボーカルになった。それで俺はそういうのとか、ギターで埋めるのに慣れてたんだ。



クリス・スクワイアが6月に亡くなりましたが、彼とはバンドをやったんですよね。

まあ正確にはバンドをやったんじゃなくて、いっしょに演奏したってことだ。俺がスタジオを持っていて、そこにクリスとアラン・ホワイトが来た。 ボンゾが死んでから初めての演奏だ。ギターを弾く気にならなかったからな。しばらくギターを置いたままだった。 そこにあいつらが来て「俺達といっしょにやろうぜ」って言ってくれたんで、「俺に必要なのはこれだ」と思ったね。 スタジオでは本当に楽しかった。バンド名も付けたんだ。スタジオ作業以外には実現しなかったけどな。XYZっていうのは元 (ex-) Yes と元 (ex-) Zeppelin っていうことだ。



ロング・インタビューの原文はこちら


関連記事:
ツェッペリン + イエス = XYZ


管理人K (久保田直己



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0