So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

U2 グラミー賞でトランプをこき下ろし

Bono3.jpg


1月26日の第60回グラミー賞の場で、U2がトランプを徹底的にこき下ろした。
U2はニューヨークのハドソン川のほとりで、自由の女神をバックにした特別ステージにて "Get Out Of Your Own Way" を演奏している。





演奏の最後の場面で、ボノはトラメガを持ち出して突如コールを始めたが、Rolling Stone誌によるとその内容は "Blessed are the bullies" で始まったことになっている。

しかし Pitchfork 誌などが、この部分は元々 "Blessed are the shithole countries" だったことを伝えている。
これはケンドリックス・ラマーの歌詞の一節だが、TV放映のために検閲を受けて修正されたのだった。
言うまでもなく "Shithole countries" とは米大統領トランプが移民の出身国を口汚く罵った際の言葉であり、U2がグラミー賞のステージにてトランプを罵倒し返したのは明らかだ。

また Entertainment 誌によると、キューバ系のカミラ・カベロによるU2の紹介も、トランプによる移民政策が彼ら「アメリカン・ドリーマー」を追い出すものであることを批判する内容だった。


管理人K (久保田直己


関連記事:
U2 トランプこき下ろしの動画公開



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。