So-net無料ブログ作成

エリック・クラプトン 武道館セットリスト

EC1.jpg


エリック・クラプトンが3年ぶりに来日した。
前回の武道館は2016年4月13日だったので、本当にちょうど3年である。

今回は全キャリアを通じたメガヒットを揃えた中に、定番のブルース・ナンバーを散りばめたものとなった。
ほぼブルースで埋め尽くした前回とは大幅に異なる内容である。
またアンコールでは、現在来日中のジョン・メイヤーが参加するというサプライズもあった。

Pretending
Key to the Highway
I'm Your Hoochie Coochie Man
I Shot The Sheriff

アコースティックセット:
Driftin' Blues
Running on Faith
Nobody Knows You When You're Down and Out
Tears in Heaven

Layla
Badge
Wonderful Tonight
Crossroad
Little Queen of Spades
Before You Accuse Me

アンコール:
Cocaine



バンドのメンバーに適時ソロを取らせた後にエリックがソロを弾くスタイルは、70年代の "EC Was Here" でも聴くことができる長年の気配りそのもの。
そして歌もギターもまったく衰えることはなく、今世紀に入ってからの来日ではベストのコンディションと選曲であった。


管理人K (久保田直己


関連記事:
エリック・クラプトン来日初日セットリスト


スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【2000セット完全限定生産Blu-ray 2CD/BONUS DVD Tシャツ TYPE A(Lサイズのみ)】

新品価格
¥8,570から
(2019/4/13 21:42時点)



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽